2009年12月17日

<コンビニ強盗>京都の郵便局強盗にも関与か DNAが一致(毎日新聞)

<コンビニ強盗>京都の郵便局強盗にも関与か DNAが一致(毎日新聞)

 東京都内で11月に起きたコンビニ強盗事件で警視庁に逮捕された墨田区の無職、相原光義容疑者(25)のDNA型が、10月に京都市伏見区であった郵便局強盗事件の遺留物と一致したことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁や京都府警は相原容疑者が郵便局強盗に関与した疑いが強いとみて捜査している。

 警視庁本所署によると、相原容疑者は11月10日に墨田区内のコンビニ店で起きた強盗未遂事件で逮捕され、別のコンビニ強盗容疑で再逮捕されている。

 一方、京都市伏見区の郵便局では10月22日、刃物を持った男が現金約200万円を強奪する事件が発生。警視庁の逮捕後の調べで、京都の現場の遺留物から検出されたDNA型が相原容疑者のものと一致したという。

 京都市内では9〜10月、郵便局が襲われる強盗事件が計3件発生した。【古関俊樹】

【関連ニュース】
コンビニ強盗:6万円奪い逃走 手おの持ち脅す 横浜
強盗:コンビニから16万円奪い逃走 愛知・豊橋
強盗:刃物でコンビニ店員脅し6万5千円奪う 大阪・摂津
コンビニ強盗:被告に5年6月−−地裁都城判決 /宮崎
日南のコンビニ強盗:懲役3年6月の実刑−−地裁判決 /宮崎

エストニア語が喋れたら
アフリカーンス語で日本のニュースを読む
競馬情報
パチンコ攻略
債務整理・自己破産
posted by ライオン at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。