2010年02月03日

殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第2回】(6)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)がインターネット上の掲示板に書き込んだ内容を、検察官が次々と読み上げていく。「みんな死んでしまえ」などと殺人の予告を思わせる書き込みをしていた加藤被告。閲覧者は減っていったが、それに対する怒りを書き込んでいるのが分かる。事件を起こすまでの加藤被告の心理状態が分刻みで再現されているようだ》

 検察官「(平成20年)5月31日6時1分37秒、ネットいじめ」

 検察官「同じ日6時21分43秒、だれもいなくなった。ねらい通りなんでしょ」

 検察官「5月31日6時22分28秒、少しだけ書いてくれる人がいたけどいなくなった。してやったりなんでしょ」

 《こう書き込みが続いた後、加藤被告は怒りを爆発させるように、「ふざけんな。やるならできるだけ他人を巻き込んでやろう」「目標100人くらい」などと殺人を予告するような書き込みをしている》

 検察官「6月4日0時58分11秒、オレが事件起こしたらみんな『まさかあいつが』って言うんだろうな」

 検察官「6月4日0時58分58秒、『いつかやると思ってた』そんなコメントするやついたら、そいつは理解者だったかもしれない」

 検察官「6月4日1時7分4秒、『現実でも1人、ネットでも1人』と書き込んでいます」「6月4日1時43分23秒、ブサイクだから。終了」

 《加藤被告は、手元に持った紙に目をやり、何か書き込んでいる。さらに、検察官による書き込みの読み上げが続く。派遣会社で働いていた加藤被告が、一度は「派遣先が変わる」と告げられながら、再び同じ工場で働くように伝えられた際の心理が、書き込まれている》

 検察官「6月5日4時52分41秒、ああそういえばクビ延期だって」

 検察官「6月5日4時53分22秒、別におれが必要なんじゃなくて、新しい人がいないから取りあえずクビは延期なんだって」

 検察官「6月5日5時5分5秒、今までそうやって耐えてきた。もう半年だし、そろそろ限界」

 検察官「6月5日5時49分51秒、なんだかんだでちゃんと出勤するオレって何なの」

 《派遣先に行ったら、作業着がなかった際の書き込みも読み上げられる》

 検察官「6時17分3秒、作業場行ったらつなぎ(作業着)がなかった。やめろってか、分かったよ」「あざやかに帰宅。やってらんね」

 検察官「6時21分、すんなり出れたし。守衛は出る方にも気を使わなきゃだめだよ」

 検察官「6時31分11秒、お前らクビ切っておいて人が足りないから来いだと」「おかしいだろ。つなぎ発見したってメールきた。隠していたんだろうが」

 検察官「7時12分53秒、会社のやつが部屋に先回りしている予感」

 検察官「7時43分53秒、『やっぱり会社のやつがいた。つなぎあったよだと。自分で隠しておいてよく言うよ』と書き込んでいます」

 《この後、殺害の具体的な準備をする様子を再現するような書き込みが続く》

 検察官「8時48分1秒、スローイングナイフを通販してみる。殺人ドールですよ」

 検察官「6月5日10時44分23秒、明日福井に行ってくる」「往復2万かまあいいや」「犯罪予備軍って日本にはたくさんいる気がする」

 検察官「6月5日12時2分14秒、ちょっとしたきっかけで犯罪者になったり思いとどまったり。やっぱり人って大事だと思う。人とかかわり過ぎると怨念(おんねん)で殺すし、孤独だと無差別に殺すし。難しいね」

 《検察官は「その1分後ですが…」と断って、次の書き込みを読み上げる》 検察官「だれでも良かった、なんか分かる気がする…。東京の道路ってめんどくさい」

 検察官「6月5日12時33分21秒、トラックで行くのは無謀かもしれん」

 検察官「12時39分36秒、在庫ないのか。残念」

 《在庫とは、ナイフのことなのだろうか。はっきり分からないが、加藤被告は翌日、福井で凶器とされるナイフを購入している》

 検察官「13時6分36秒、片道4時間か」

 検察官「6月5日15時23分、ちょっとしたことで切れる、幸せな人がよー言う。いつも悪いのはおれ。いつも悪いのはおれだけ」

 検察官「6月5日18時59分30秒、一歩踏み出したら後は行くだけ」

 検察官「19時2分58秒、取りあえず明日は頑張ってみるよ」

 《書き込みの読み上げが続く。事件2日前になると、加藤被告はかなりはっきり殺人予告を行っている》

 検察官「6月6日0時3分1秒、着信20件とかふざけてるだろ」

 検察官「6月6日2時48分47秒、やりたいこと殺人、夢、ワイドショー独占」

 検察官「6月6日2時54分4秒、工場で大暴れした。被害が人とかじゃなくて良かった」

 検察官「同じ日の3時4分56秒、あ、もしかしてこのスレとかもさらされるのかしら」

 《加藤被告は書類に目を伏せ、なにやら書き込みをしている。表情は変わらない》

 検察官「6月6日8時15分8秒、0826のこだまに乗れる。乗り換え5分でひかりに」

 検察官「6月6日20時49分55秒、ナイフ5本買ってきました」

 検察官「6月7日8時3分27秒、今日は秋葉原。お金をつくりにいく」

 検察官「6月7日13時14分32秒、レンタカーに空きがなかった。トラックじゃ仕方ないかも」

 検察官「同じ日の13時16分38秒、車がないとお話にならないんだが。13時23分、あまり軽いのだと困るし」

 検察官「6月7日15時35分23秒、大きい車借りるにはクレジットカードがいるようです。どうせおれは社会的信用なしですよ」

 《殺害に使うトラックを借りようとして、一度は借りられなかったことが、書き込まれている》

 検察官「同じ日の16時1分33秒、小さいころからいい子を演じさせられてきたし、だますのには慣れてる。悪いね、店員さん」

 検察官「6月7日16時3分57秒、無事借りれた。準備完了だ」

 《被告は手元の紙に目を落としたまま、左手で鼻をこすった。表情は変わらない》

 検察官「6月7日19時33分56秒、明日は運転するんだからお酒は控えめに。死ぬ気になればなんでもできるだろ、死ぬ気にならなくても何でもできる人のセリフですね。もっと高揚するかと思った。冷静な自分にびっくりする」

 《検察官は、さらに書き込みの読み上げを続ける》

【関連記事】
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(3)「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(4)「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(5)「みんな死んでしまえ」「目標は100人」… 読み上げられる掲示板の書き込み 秋葉原17人殺傷第2回ライブ

有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
<中学受験>本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
県庁に夜の“侵入者”、ひさしに身動きとれず(読売新聞)
神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
損保会社から80万騙し取る 架空や水増し、柔道整復師と患者を逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by ライオン at 11:17| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。