2010年01月18日

<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)

 「陸山会」の土地購入を巡る事件で、民主党衆院議員の石川知裕容疑者(36)が5000万円の授受に関与したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部について、「名刺が残っていたので会ったことがあるのかもしれない」と周辺関係者に話していることが分かった。東京地検特捜部にも同様の供述をしているとみられる。石川議員は任意段階の取り調べには「会ったこともない」と面識を否定していた。

 元幹部は04年10月、東京都内のホテルで石川議員に現金5000万円を渡したとされる。石川議員は周辺関係者に、名刺が残っていたことを理由に「どこかで一度会ったかもしれない」と説明。一方で「面会した事実については記憶には残っていない。5000万円は絶対に受け取っていない」と話しているという。

【関連ニュース】
【写真で見る】小沢氏側近の石川議員逮捕 政界に激震
資金提供:「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
民主党大会:異様な緊張感 小沢氏批判できない現状凝縮

首相動静(1月12日)(時事通信)
学生確保に「大学」必死 授業料値下げや減免奨学生(J-CASTニュース)
【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論(医療介護CBニュース)
両陛下 初場所観戦…3年ぶり(毎日新聞)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
posted by ライオン at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

港町が生んだ偉大な功績、丸山 龍馬ら海援隊の人気今も(産経新聞)

 長崎の花柳街・丸山は幕末期、江戸の吉原、京の島原、大阪の新町と並び称される遊郭だった。その一角で、当時からの建物で営業を続けているのが、県の史跡に指定されている「史跡料亭『花月』」だ。

 寛永19(1642)年に創業した前身の「引田屋花月楼」は、江戸時代を通じて丸山で最も格式の高い遊郭とされ、当時も外国商人と取引しようとする各藩の藩士らが盛んに利用していたという。

 坂本龍馬ら海援隊や土佐藩も例外ではなかった。施設内にある資料コーナーでは、海援隊が英国水兵殺害を疑われたイカルス号事件で、龍馬が長崎奉行所に提出した抗議文の下書きなど約50点を展示、幕末の志士の勇躍もしのばせる。

 そして、今も大広間の床柱には、「龍馬がつけた」と伝えられる刀傷が残っている。

 「刀傷については、後に高杉晋作がつけたとか、さまざまな説が出てきたが、店では、まだ龍馬が国民的なヒーローになっていなかった大正や昭和初期の時代から、龍馬がつけた傷という説があった。当時はそれほど有名ではなかった人物であり、龍馬説は店のPRのためとも思えない。だから、むしろ信憑(しんぴょう)性があると思う」

 花月の従業員で、花月史編集プロジェクトリーダーの加藤貴行さん(38)は、こう話す。

                ×    ×

 戦後の高度経済成長期、司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」で一気に知名度が高まった龍馬。長崎にも数多くのファンが生まれ、その熱烈な思いが結実した名所もある。

 市街地や長崎港を見渡す風頭山頂の風頭公園一角に立つ高さ約3メートルの龍馬の銅像は、立案から資金集めまで地元の青年らが進め、平成元年5月に建立された。発起人は筋金入りの龍馬ファンで、焼き鳥店「風雲児焼とり竜馬」を経営する河野健一さん(62)。昭和54年に開業し、全国から口コミで龍馬ファンが集まるようになった。常連たちの前で、「長崎に龍馬の銅像ば建てたかねえ」と口にしたのがきっかけで、建立計画が動き出した。

 計画には、地元の龍馬ファンでつくる「長崎龍馬会」の前会長、柴崎賀広さん(53)が真っ先に賛同した。「全国龍馬社中」の理事を務めるほか、「現代龍馬学会」にも所属するなど、龍馬一途の柴崎さんは、「まるで龍馬になった気分」で計画を推進。昭和62年6月には「龍馬の銅像建つうで会」が発足し、会長として建立に全力を挙げた。

 1千万円を目標に始めた募金は約1200万円に達し、計画のスタートからわずか2年で念願の銅像建立が実現。建立計画を足がかりに、建つうで会はその後、長崎龍馬会に発展し、全国の龍馬ファンの組織と交流などを続けている。

                ×    ×

 長崎を拠点に、龍馬自身も活動の舞台を広げ、数々の功績を残した。

 「歴史に残る龍馬の仕事のほとんどが、長崎に本拠地を持って以降。薩長同盟の実現、第2次幕長戦争での海戦、五箇条の御誓文の原型とされる船中八策の作成、大政奉還の立案、みんなそう。その長崎が、龍馬を忘れちゃいかんと思うたと」。柴崎さんは、龍馬に寄せる思いを熱っぽく語る。

 幕末当時、すでに横浜、函館、兵庫なども米英などに開港されていたが、長崎は長い鎖国の間もオランダ、中国との貿易が認められていた。

 司馬遼太郎は「竜馬がゆく」の中で、龍馬に「勝(海舟)先生、京のさきは大阪にすぎず、江戸のさきは小田原にすぎませんが、長崎のむこうは上海ですな」と語らせている。

 龍馬にとって、大きな飛躍の地となった港町・長崎。龍馬と長崎のかかわりについて、河野さんはこう指摘する。

 「龍馬は長崎の人やなかし、実際に住んだ期間は短かばってん、当時、日本で最も海外に向かって開かれていた長崎の街がなければ、亀山社中も海援隊も生まれんかったと思う」

                   ◇

 「龍馬と長崎」 龍馬が元治元(1864)年、初めて長崎を訪れたときの滞在日数は2月から4月にかけての41日間。約1年半後に亀山社中を結成するが、龍馬自身は京都、大坂、長州、薩摩を飛び回り、長崎にあまり落ち着いていない。その後の長崎での主な業績は、慶応3(1867)年春の海援隊の結成、同年5月のいろは丸沈没による紀州藩との賠償交渉、8月から9月にかけてのイカルス号事件の処理などがある。9月18日には、長州、土佐経由で兵庫に向けて長崎を出帆。11月15日に京都で暗殺され、長崎に戻ることはなかった。12月中旬には、長崎で海援隊士らによる慰霊祭が営まれている。(服部幸一)

【関連記事】
「龍馬伝」“幕末金八先生シリーズ第2弾”
龍馬の船「いろは丸」就航 ちょっぴり小さめ…ゆかりの福山
NHKに「龍馬伝」「坂の上の雲」で「PR番組多すぎる」との苦情
広末、“龍馬”福山との「純愛頑張ります」
「龍馬伝」初回は23.2% 「天地人」より下回る

1890年に沈没トルコ軍艦、錨はどこに?(読売新聞)
石川知裕議員の逮捕状請求へ 東京地検特捜部 (産経新聞)
首相動静(1月9日)(時事通信)
<石川衆院議員>政治資金規正法違反容疑で逮捕へ…東京地検(毎日新聞)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
posted by ライオン at 01:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

警官を平手打ち、体当たり…高松の新成人逮捕(読売新聞)

 高松市の成人式の会場を警備していた警察官に暴行したとして、高松北署は11日、同市浜ノ町、無職真鍋賢一容疑者(20)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、真鍋容疑者は成人式終了直後の同日午後1時50分頃、会場近くの路上で、警備をしていた同署地域課の男性巡査(22)に「どけ」などと言って、顔を2回平手打ちし、体当たりした疑い。巡査にけがはなかった。

 同署によると、当時は現場近くで新成人とみられる約30人が酒を一気飲みするなどしており、真鍋容疑者の呼気からも1リットルあたり0・4ミリ・グラムのアルコールが検出された。真鍋容疑者は「殴っていない」と容疑を否認しているという。

<マイクロバス>運転手が走行中に意識不明 乗客の女性、ハンドル握りブレーキ(毎日新聞)
20人を強制退所 派遣村無断外泊で都方針(産経新聞)
地盤ならではの団体? 「作る必要があったのか」裁判官が質問(産経新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
<訃報>佐田雅人さん89歳=歌手のさだまさしさんの父(毎日新聞)
posted by ライオン at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。