2009年12月17日

<コンビニ強盗>京都の郵便局強盗にも関与か DNAが一致(毎日新聞)

<コンビニ強盗>京都の郵便局強盗にも関与か DNAが一致(毎日新聞)

 東京都内で11月に起きたコンビニ強盗事件で警視庁に逮捕された墨田区の無職、相原光義容疑者(25)のDNA型が、10月に京都市伏見区であった郵便局強盗事件の遺留物と一致したことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁や京都府警は相原容疑者が郵便局強盗に関与した疑いが強いとみて捜査している。

 警視庁本所署によると、相原容疑者は11月10日に墨田区内のコンビニ店で起きた強盗未遂事件で逮捕され、別のコンビニ強盗容疑で再逮捕されている。

 一方、京都市伏見区の郵便局では10月22日、刃物を持った男が現金約200万円を強奪する事件が発生。警視庁の逮捕後の調べで、京都の現場の遺留物から検出されたDNA型が相原容疑者のものと一致したという。

 京都市内では9〜10月、郵便局が襲われる強盗事件が計3件発生した。【古関俊樹】

【関連ニュース】
コンビニ強盗:6万円奪い逃走 手おの持ち脅す 横浜
強盗:コンビニから16万円奪い逃走 愛知・豊橋
強盗:刃物でコンビニ店員脅し6万5千円奪う 大阪・摂津
コンビニ強盗:被告に5年6月−−地裁都城判決 /宮崎
日南のコンビニ強盗:懲役3年6月の実刑−−地裁判決 /宮崎

エストニア語が喋れたら
アフリカーンス語で日本のニュースを読む
競馬情報
パチンコ攻略
債務整理・自己破産
posted by ライオン at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ブライス (人形)

ブライス (Blythe) は、1972年にアメリカのケナー社 (Kenner) から発売された人形である。2001年にタカラからレプリカが発売されている。概要1972年、アメリカのケナー社(オハイオ州シンシナティ)に所属していたアリソン・キャツマンによりデザインされ、同社より発売された着せ替え人形である。子供が親しみやすい幼児体型を意識した大きな頭(三等身でグレープフルーツ大)が特徴で、頭の後ろから出ているひもを引っ張ると瞳の色が4色(グリーン・ピンク・ブルー・オレンジ)へと変わる他には見られないギミックが組み込まれていた。ドレスセットやウィッグなども合わせて発売されたが、当初は人気が振るわず、わずか1年で生産が打ち切られた。2000年にジーナ・ガラン(Gina Garan)による写真集が出版され、続いてパルコのキャンペーンに使用されたことから日本での人気に火が着き、2001年からクロス・ワールド・コネクションズ(以下CWC)のプロデュースのもと、株式会社タカラ(現株式会社タカラトミー)がレプリカのネオブライス(2001年5月パルコ限定『パルコリミテッド』/2001年6月一般販売 第一弾:BL1 モンドリアン)を販売した。その後の人気は更に過熱し日本のみならず各国で注目され、ネオブライスの人気を受けて米国でもアシュトンドレイクから復刻版が販売された。ファッションドールという位置付けからファッションブランドやアーティストとのコラボレーションも多く、定価も1万前後に設定され主に大人向けの商品として販売されている。この他に小さなサイズで価格設定が低いプチブライスや、ヘアまでプラスチックで作られた食玩のブライスベルも販売されている。タカラトミーから専用のドレスやシューズのセットなどが販売されているが、ボディは基本的にリカちゃんと同じサイズであるため、リカちゃん用に販売されるドレスも一部流用できる。本体の加工が比較的容易なこともあり、手作り愛好家らによるカスタマイズや自作服の紹介・販売サイトが存在し、ヤフーオークションでの売買も盛んである。また昨今では母親の年代に受け入れられていることもあり、親子で愛好している低年齢のファンも増えている。この人形が復刻されて以降、プーリップやブラッツのように 1/6 サイズでありながら体に対して頭の大きいドールが発売されるようになった。また2005年頃にバービーのヘッドサイズが数ミリ大きくなったのはブライスの影響といわれている。その一方でアンバランスと言える頭や目の大きさなど、耽美さを重視したドールではないことから、強い拒否反応を示すドールファンも存在する。種類ケナー社オリジナルのブライスはヴィンテージブライス、タカラのブライスは、ネオブライスと呼ばれている。アシュトンドレイクのブライスは公式の復刻版となるが、ケナー社オリジナルと比較するとディテールに相当の差異がある。アシュトンブライスや復刻ブライス等と呼ばれる。ヴィンテージブライス(オリジナル)1972年、アメリカのケナー社(Kenner)が発売(1991年、Kenner社のtoy部門はHasbro社が買収)。赤毛、ブロンド、ブルネット、ブラックと髪の毛の色が異なる。現在プレミアがついており、価格帯は十万から数十万まである。まほうのひとみアイアイちゃん(日本で販売されたヴィンテージブライス)1972年、トミーから発売。日本で発売されたドレスとパッケージを日本仕様に変えたもので、ドール自体はケナー社オリジナルと同様のヴィンテージブライスである。ネオブライス(レプリカ)2001年6月、Hasbro社の許諾を受け、CWC社プロデュースのもと、タカラ(現タカラトミー)から発売。ヴィンテージブライスと同サイズの約28cm。後頭部から出ている紐を引っ張ると目の色が変わり、グリーン、ブルー、ピンク、オレンジ(順不同)のアイカラーに変化するギミックも再現。1ヶ月に1・2体のペースで新作が発表・販売されており、販売中・完売・製造終了も含め、2004年までに37種、2006年12月末までには75種が販売された。人形の仕様は若干変更されながら販売されており、初期版と後続モデルでは印象が異なるものもある。コラボやアニバーサリーで販売されるブライスは、スペシャルアイカラーなどの特別な加工が施される。プチブライス(後発のアレンジサイズ)2002年6月、ネオブライスのプチサイズ(約11.2cm)としてタカラトミーから発売。通常サイズのブライスのように目の色は変わらないが、横にすると眠るようにまぶたが下りるようになっている(但し初期のプチブライスはまぶたが下がらない)。2004年までに48種、2006年12月末までには139種が販売された。こちらも、コラボやアニバーサリーで特別仕様のドールがある。復刻版ブライス2004年8月〜2008年4月、アシュトンドレイク・ギャラリーズ社(Ashton-Drake Galleries)から発売された(全12種)。パッケージやドレスが忠実に再現されているが、ドール本体はケナー社のオリジナルブライスとは印象が異なる。ネオブライスボディはタカラのリカちゃんとほぼ同サイズで、顔型やアイギミック、ボディなどの違いにより、異なる名称で呼ばれる。公式では、顔の形はエクセレント・スペリオール・ラディエンス・フェアレストで区別されるが、ファンの間では、さらに細かい分類が成され、以下のように呼ばれている。初期エクセレントと同一の顔型白目の割合が多く、瞼が上がっているリカちゃんのボディを流用睫もエクセレント以降のものとは異なるらしいリカボディのエクセレント白目の割合が少なく、少しだけ瞼が下がっている(この箇所が初期と異なる)リカちゃんのボディを流用エクセレントとはこの後発売された新型ボディの名称であるため、顔型に使うのは本来は誤用エクセレントヴィンテージブライスの型を復刻したエクセレントボディを使用後期エクセレント白目が乳白色であったり、睫がスペリオールと同様に密集している瞼が下がり気味で、エクセレントとスペリオールの中間と言えるスペリオールヴィンテージブライスをスキャンしたと言われる顔型を使用白目の多いアイギミックと密集した睫、下がり気味の瞼が特徴やや目が小さく、ほっぺもふっくらしているラディエンススペリオールと同様にヴィンテージを意識した顔型を使用スペリオールよりアイホールが大きく、元にしたヴィンテージブライスに倣って左右のアイホールの大きさが違うヴィンテージに似た口元と、すっきりした顎のラインになっているフェアレストエクセレントを意識したフェイスラインの顔型を使用白目の割合が少なく、黒目がち、半マット肌仕様目の形がまるく、ラディエンスと比較すると、やや目が小さく見えるほっぺがふっくらしており、リップが直線気味後期エクセレントとの相違は詳細不明エクセレント〜ラディエンスの間に、だんだんと口と鼻の間が短くなっているが、公式で幼い表情が特徴とされるのはラディエンスであるが、初期〜エクセレント型は、日本的にアレンジされた親しみやすいバランスのため、ラディエンスより幼いという印象を受けているファンも多い。日本での取扱店日本トイザらスCWCオンラインショッピングブライスショップなど参考文献Gina Garan, This Is Blythe, Chronicle Books, 2000年3月, ISBN 0-8118-2823-9ソニーマガジンズ プチブライス Petite Mania vol.1,2外部リンクブライス公式HPGinaサイト - this is Blythe 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9_(%E4%BA%BA%E5%BD%A2)」より作成カテゴリ: 人形 | アメリカ合衆国の文化 | シンシナティブライス (Blythe) は、1972年にアメリカのケナー社 (Kenner) から発売された人形である。2001年にタカラからレプリカが発売されている。概要1972年、アメリカのケナー社(オハイオ州シンシナティ)に所属していたアリソン・キャツマンによりデザインされ、同社より発売された着せ替え人形である。子供が親しみやすい幼児体型を意識した大きな頭(三等身でグレープフルーツ大)が特徴で、頭の後ろから出ているひもを引っ張ると瞳の色が4色(グリーン・ピンク・ブルー・オレンジ)へと変わる他には見られないギミックが組み込まれていた。ドレスセットやウィッグなども合わせて発売されたが、当初は人気が振るわず、わずか1年で生産が打ち切られた。2000年にジーナ・ガラン(Gina Garan)による写真集が出版され、続いてパルコのキャンペーンに使用されたことから日本での人気に火が着き、2001年からクロス・ワールド・コネクションズ(以下CWC)のプロデュースのもと、株式会社タカラ(現株式会社タカラトミー)がレプリカのネオブライス(2001年5月パルコ限定『パルコリミテッド』/2001年6月一般販売 第一弾:BL1 モンドリアン)を販売した。その後の人気は更に過熱し日本のみならず各国で注目され、ネオブライスの人気を受けて米国でもアシュトンドレイクから復刻版が販売された。ファッションドールという位置付けからファッションブランドやアーティストとのコラボレーションも多く、定価も1万前後に設定され主に大人向けの商品として販売されている。この他に小さなサイズで価格設定が低いプチブライスや、ヘアまでプラスチックで作られた食玩のブライスベルも販売されている。タカラトミーから専用のドレスやシューズのセットなどが販売されているが、ボディは基本的にリカちゃんと同じサイズであるため、リカちゃん用に販売されるドレスも一部流用できる。本体の加工が比較的容易なこともあり、手作り愛好家らによるカスタマイズや自作服の紹介・販売サイトが存在し、ヤフーオークションでの売買も盛んである。また昨今では母親の年代に受け入れられていることもあり、親子で愛好している低年齢のファンも増えている。この人形が復刻されて以降、プーリップやブラッツのように 1/6 サイズでありながら体に対して頭の大きいドールが発売されるようになった。また2005年頃にバービーのヘッドサイズが数ミリ大きくなったのはブライスの影響といわれている。その一方でアンバランスと言える頭や目の大きさなど、耽美さを重視したドールではないことから、強い拒否反応を示すドールファンも存在する。種類ケナー社オリジナルのブライスはヴィンテージブライス、タカラのブライスは、ネオブライスと呼ばれている。アシュトンドレイクのブライスは公式の復刻版となるが、ケナー社オリジナルと比較するとディテールに相当の差異がある。アシュトンブライスや復刻ブライス等と呼ばれる。ヴィンテージブライス(オリジナル)1972年、アメリカのケナー社(Kenner)が発売(1991年、Kenner社のtoy部門はHasbro社が買収)。赤毛、ブロンド、ブルネット、ブラックと髪の毛の色が異なる。現在プレミアがついており、価格帯は十万から数十万まである。まほうのひとみアイアイちゃん(日本で販売されたヴィンテージブライス)1972年、トミーから発売。日本で発売されたドレスとパッケージを日本仕様に変えたもので、ドール自体はケナー社オリジナルと同様のヴィンテージブライスである。ネオブライス(レプリカ)2001年6月、Hasbro社の許諾を受け、CWC社プロデュースのもと、タカラ(現タカラトミー)から発売。ヴィンテージブライスと同サイズの約28cm。後頭部から出ている紐を引っ張ると目の色が変わり、グリーン、ブルー、ピンク、オレンジ(順不同)のアイカラーに変化するギミックも再現。1ヶ月に1・2体のペースで新作が発表・販売されており、販売中・完売・製造終了も含め、2004年までに37種、2006年12月末までには75種が販売された。人形の仕様は若干変更されながら販売されており、初期版と後続モデルでは印象が異なるものもある。コラボやアニバーサリーで販売されるブライスは、スペシャルアイカラーなどの特別な加工が施される。プチブライス(後発のアレンジサイズ)2002年6月、ネオブライスのプチサイズ(約11.2cm)としてタカラトミーから発売。通常サイズのブライスのように目の色は変わらないが、横にすると眠るようにまぶたが下りるようになっている(但し初期のプチブライスはまぶたが下がらない)。2004年までに48種、2006年12月末までには139種が販売された。こちらも、コラボやアニバーサリーで特別仕様のドールがある。復刻版ブライス2004年8月〜2008年4月、アシュトンドレイク・ギャラリーズ社(Ashton-Drake Galleries)から発売された(全12種)。パッケージやドレスが忠実に再現されているが、ドール本体はケナー社のオリジナルブライスとは印象が異なる。ネオブライスボディはタカラのリカちゃんとほぼ同サイズで、顔型やアイギミック、ボディなどの違いにより、異なる名称で呼ばれる。公式では、顔の形はエクセレント・スペリオール・ラディエンス・フェアレストで区別されるが、ファンの間では、さらに細かい分類が成され、以下のように呼ばれている。初期エクセレントと同一の顔型白目の割合が多く、瞼が上がっているリカちゃんのボディを流用睫もエクセレント以降のものとは異なるらしいリカボディのエクセレント白目の割合が少なく、少しだけ瞼が下がっている(この箇所が初期と異なる)リカちゃんのボディを流用エクセレントとはこの後発売された新型ボディの名称であるため、顔型に使うのは本来は誤用エクセレントヴィンテージブライスの型を復刻したエクセレントボディを使用後期エクセレント白目が乳白色であったり、睫がスペリオールと同様に密集している瞼が下がり気味で、エクセレントとスペリオールの中間と言えるスペリオールヴィンテージブライスをスキャンしたと言われる顔型を使用白目の多いアイギミックと密集した睫、下がり気味の瞼が特徴やや目が小さく、ほっぺもふっくらしているラディエンススペリオールと同様にヴィンテージを意識した顔型を使用スペリオールよりアイホールが大きく、元にしたヴィンテージブライスに倣って左右のアイホールの大きさが違うヴィンテージに似た口元と、すっきりした顎のラインになっているフェアレストエクセレントを意識したフェイスラインの顔型を使用白目の割合が少なく、黒目がち、半マット肌仕様目の形がまるく、ラディエンスと比較すると、やや目が小さく見えるほっぺがふっくらしており、リップが直線気味後期エクセレントとの相違は詳細不明エクセレント〜ラディエンスの間に、だんだんと口と鼻の間が短くなっているが、公式で幼い表情が特徴とされるのはラディエンスであるが、初期〜エクセレント型は、日本的にアレンジされた親しみやすいバランスのため、ラディエンスより幼いという印象を受けているファンも多い。日本での取扱店日本トイザらスCWCオンラインショッピングブライスショップなど参考文献Gina Garan, This Is Blythe, Chronicle Books, 2000年3月, ISBN 0-8118-2823-9ソニーマガジンズ プチブライス Petite Mania vol.1,2外部リンクブライス公式HPGinaサイト - this is Blythe 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9_(%E4%BA%BA%E5%BD%A2)」より作成カテゴリ: 人形 | アメリカ合衆国の文化 | シンシナティ

イタリア語で日本のニュースを読む
噂話
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
posted by ライオン at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COP15、新議定書と「京都」延長の両協議継続か(読売新聞)

COP15、新議定書と「京都」延長の両協議継続か(読売新聞)

 【コペンハーゲン=読売取材団】国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は15日から公式な閣僚級会合が始まり、18日の政治合意成立に向けて詰めの協議に入る。

 京都議定書延長を求める途上国と、これに反対する先進国とが激しく対立する中、政治合意が、新議定書採択に向けた協議と、京都議定書延長に向けた協議とを「2本立て」で続けていくことを確認する内容になる可能性が出てきた。その場合、どこまで強く方向性を打ち出せるかが焦点になる。

 京都議定書延長は、現在の約束期間(08〜12年)に続き、13〜17年もしくは13〜20年の「第2約束期間」を設定し、先進各国は削減の数値目標を書き換えるというもの。途上国側は、これを議定書改正案として採決に持ち込むことも視野に延長論を強めている。

 日本や欧州連合(EU)は、米国や中国なども含め、全締約国が入る新議定書を作ることを目指してきた。しかし、途上国グループの対決姿勢が強いため、京都議定書延長についても議論を進めることに同意した。ただ、日本やEUは、米国や中国が削減を約束する新たな仕組みができない限り、京都議定書の数値目標の書き換えには応じない方針だ。

インドネシア語・マレー語で日本のニュースを読む
英語で日本のニュースを読む
ライブチャット
クレジットカード現金化
ネイルサロン
posted by ライオン at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。